木造住宅の作り方

戸建て住宅の全体模型の作り方を紹介します。
住宅は木造住宅で、スケールは1/100です。

⑥敷地の製作

⑥-1

敷地の製作に入ります。敷地のベース(一番下のパネル)には頑丈さが必要となるので、5mmのボードを使います。配置図を5mmのボードに貼り付け、敷地の外枠を切り取ります。


⑥-2

 敷地の製作に入ります。敷地のベース(一番下のパネル)には頑丈さが必要となるので、5mmのボードを使います。配置図を5mmのボードに貼り付け、敷地の外枠を切り取ります。



  

⑥-3

敷地の段差を、ボードの重ね合わせで表現します。ここでの段差は合計1,400mm(200mm×7段)なので、2mmのボードを上から7枚重ねます。また変形を防ぐため、曲がりの向きが交互になるようにボードを重ね、スチレンボンドもしくは両面テープで接着します。


⑥-4へ⇒

建築模型が学べるスクールです。