RC造模型の作り方

 戸建て住宅の全体模型を製作します。住宅はRC(鉄筋コンクリート)造で、スケールは1/100です。このスケールでの全体模型は主に設計者自らの検討のため
に用い、また住まい手に対するプレゼンテーションとしても使用できます。
 ここでは、この模型の製作においての手順を、写真と共に解説していきます。
住宅は木造住宅で、スケールは1/100です。

⑦パネルの組み立て

⑦-1

 外壁パネルと床パネル、屋根パネルを接着して組み立てます。パネルを接着するときは、貼り付ける位置だけでなく床面に対してパネルが垂直になっているかどうかを常にスコヤでチェックしながら接着します。


⑦-2

 パネルの組み立てが完了すると模型の完成になります。各パネルが垂直・水平となっているかを最終チェックします。建物本体は基本的には敷地と接着しはずれないようにしますが、場合によっては接着せず、敷地を検討する際に取り外し可能にします。あとは各自の好みによる“飾りつけ”の作業となります。自動車や人間等の点景を入れると、模型にスケール感を与えることができます。周辺の家屋などもあると、より模型のリアリティが増します。

  

トップへ⇒

建築模型が学べるスクールです。