RC造模型の作り方

 戸建て住宅の全体模型を製作します。住宅はRC(鉄筋コンクリート)造で、スケールは1/100です。このスケールでの全体模型は主に設計者自らの検討のため
に用い、また住まい手に対するプレゼンテーションとしても使用できます。
 ここでは、この模型の製作においての手順を、写真と共に解説していきます。
住宅は木造住宅で、スケールは1/100です。

⑥敷地の製作

⑥-4

敷地内の床タイルの表現にはアーキテクトシートを使います。平面図をアーキテクトシートに貼り付け、枠線に沿って切り出します。アーキテクトシートの裏面もシールになっているのでスチレンボードに直接貼ることができます。


⑥-5

 切り終えたアースモデルシートとアーキテクトシートを敷地に貼り付けます。これらのシールは比較的粘着力が強く一度貼ったらはがしにくいので、貼り付ける際には貼り付けの範囲からはみ出さないように十分注意して貼り付けます。

  

⑥-6

敷地内の花壇の枠を作ります。幅100mm、高さ200mmのレンガを1/100で表現するので、まず2mmのスチレンボードを1mmの幅で切ります。次にそのボードにカッターナイフで切れ目を入れて折り、花壇の形に組み立てます。そして組み立てた枠に色を塗り、レンガに近い表現とします。

  

⑥-7へ⇒

建築模型が学べるスクールです。