建築模型とは

建築模型とは、『建築物の完成予想模型』のことです。主にこれから建てられる建築物の完成予想模型として活用されます。建築関係の打ち合わせでは、まず「図面」が使われます。この「図面」は2次元上のものなので、建物のデザインによってはわかりにくい場合がでてきます。そのように「図面」だけではイメージがつかみにくい場合に「建築模型」が登場します。

建築模型を打ち合わせなどの場で第三者に対するプレゼンテーションの一部として用いると、より説得力が増し、設計者の意図が理解されやすくなります。また建築模型には2次元では表現できない3次元を、さまざまな角度からリアルタイムで検討することができるというメリットもあります、設計作業を進める際の“道具”として建築模型を活用すると、第三者の理解が格段に容易になります。

建築模型はプラモデルとは意味合いが違ってきます。模型は模型でも通常、建築模型はそれ自体を製作することが目的ではなく、あくまでホンモノの家を建てる際の参考資料になります。そのため建築模型製作をおこなう前には、その使用目的や製作時間、表現の程度、費用などをある程度考慮して、つくりはじめる必要があります。


建築模型が学べるスクールです。