木造住宅の作り方

戸建て住宅の全体模型の作り方を紹介します。
住宅は木造住宅で、スケールは1/100です。

① 床パネルの製作

①-1

まずパネルを切り出します。1階のFL(フロア・ライン)から300mmの高さなので、1mmと2mmのスチレンボードを貼り合わせて1階の床パネルとします。1mm(もしくは2mm)のスチレンボードに1階平面図を両面テープでしっかりと固定します。
※平面図・立面図のコピーは切り出しミスなどに備え、あらかじめ多めにとっておきます。


①-2

平面図を貼り付けたスチレンボードを、図面の線に沿って鋭角刃カッターで切り落とします。(床パネルの切り方には様々なやり方がありますが、ここでは外壁パネルを東西南北方向、各1枚で製作すると仮定し、外壁から2mmの位置にある、建物内部のウチ壁の線に沿って切ります。)
スチレン定規を沿えて、カッティングマットを下に敷いてきります。また、切断の際にはカッターの刃を垂直にいれ、切断面が垂直になるように注意します。


①-3

1mmと2mmのボードを切り終えたら、スチレンボンドで貼り付け、床パネルとします。ボードを重ねる際は、縦・横がきっちりと合うように慎重に重ねます。
スチレンボンド使用の際は、液状のボンドがボードの外側にはみ出さないように注意します。

次の工程へ⇒

建築模型が学べるスクールです。