建築模型や3Dパースとは?

建築模型や3Dパースとは?

建築模型というのは、簡単に言えば実際に建築するものを頭の中で具現化するために作る模型のことです。

何かの建物を作る時には、具体的なミニチュア模型があるとイメージが湧くようになります。建築模型は在宅ワークの代表的存在でもありますが、その基本について説明します。

建築模型とは?

すでに説明したように建築模型は、これから作ろうとする家やビルや大規模開発事業の建物群を実際に模型に起こしたものです。いろいろな場所で建築模型を見た事がある人はたくさんいると思いますが、模型があると全体像というのが見えてきます。

形を確認したり、詳細部分を検討したり、注文住宅の説明のために使ったりと、用途は様々です。建築してから何かのミスが発覚したら大騒ぎになります。しかし模型の段階でミスに気づくことで設計のやり直しがききます

頭の中のイメージと実際の形との差異を発見するために建築模型は不可欠とも言える存在です。建築模型はよくスチレンボードやスチレンペーパーを使って制作されます

スチレンボードは発泡スチロールに紙を張ったものです。発泡スチロールなので軽くて扱いも簡単です。またスチレンペーパーは発泡スチロールの気泡でできたペーパーです。

3Dパースとは?

3Dパースも建築物のイメージを把握するのに便利なツールです。パースは「Perspective」の略で、遠近法を意味します。建物の外観や室内を立体的なものにした描画です。3Dパースでは3Dソフトなどを使って2次元の設計図を3次元の形に視覚化します

外観を立体図化したものを概観パース、内部を立体図化したものを内観パースと呼んだりします。3Dを使うと建物の外観の色や質感を確認する事ができます。また内観は建築模型では作成が難しい部分があるので、中身のイメージを鮮明にとらえるのに便利です。

建築模型などで在宅ワークができる

建築模型は在宅ワークで活用できるスキルです。報酬は一般住宅なら30,000円~60,000円、もっと大きなビルやマンションであれば80,000円~100,000円になることもあります。正確で美しい仕上がりが求められますが、経験値を積んで上達すれば良い収入源になります

まとめ

建築模型や3Dパースは、建物の建築イメージを鮮明化するのに役立つツールです。これらのツールがあると形状や質感はもちろん、設計イメージとのずれを確認してミスを防ぐことにもつながります。

建築模型の技術は在宅ワークにも役立てられるので、手先が器用な人は注目したい技術です。