資格取得にかかる費用と支払い方法

資格取得にかかる費用と支払い方法

建築模型は楽しい上に仕事にもなるとして人気があります。しかし建築模型で収入を得るには良い仕事をしないといけません。

そのためには資格取得をするなどして上達するためのアプローチを行うのが大切です。建築模型資格の種類や費用、支払い方法をご紹介します。

建築模型でオススメは?

建築模型の実力を高めて実力を測るものとして、日本デザインプランナー協会主催の「実践建築模型1級・2級」の資格はオススメです。

この資格は、実務レベルで通用する建築模型の知識や制作スキルがあることを証明してくれるものです。建築模型は正確で仕上がりも美しくないといけません。設計者の意図をわかりやすく伝達するための手段である建築模型には、作り手の技術が多いに求められます。

素人ではなく、しっかりコツをつかんだ制作者として認定してもらうために、この資格の取得を考えてみると良いでしょう。

資格取得にかかる費用と支払方法

本資格の受験資格は特にありませんが、費用は消費税込で10,000円となります。2級と1級の両方を取得したいなら合計で20,000円となります。申込は公式サイトから行えます。

支払い方法は現金払いやクレジットカード払い、デビットカード払いなどで行えます。基本代金引き換えでの支払いとなります。

資格取得をスムーズにする講座

本資格をスムーズに取得したいのであれば、資格に対応した講座を受講するのも手です。例えば諒設計アーキテクトラーニングの「建築模型・住宅模型デザインコース」を使うと便利です。

受講料はかかりますが、その道のプロがてがけたテキストを使用するので、体系的な学習となり有利です。受講料は講座の種類によって変わります。まずテキスト学習や添削を経て自分で試験を受けるタイプの「建築模型・住宅模型デザイン2級取得講座」は、58,000円かかります。

また卒業と共に資格が100%取得できる「建築模型・住宅模型デザイン1.2級取得講座」であれば120,000円かかります。こちらは本来174,000円かかりますが、現在特別受講料として割引されているので活用してみてください。

分割払いも可能で、支払い方法は代金引き換え、後払い(振込、郵便振替、コンビニ払い)、クレジット決済、オリコの教育ローンなど様々な方法から選択できます。詳しくは公式サイトをチェックしてください。

まとめ

建築模型資格でオススメのひとつは実践建築模型1級・2級の資格です。この資格を取得するのを有利にするには諒設計の講座がオススメです。支払金額や方法を確認しながら、スムーズな資格取得を達成してください。