建築模型が必要なわけ

建築模型が必要なわけ

博物館や、資料館のような施設などで、建築物の縮小模型を見た事がある人はたくさんいらっしゃると思います。

建築模型は置いてあるとオブジェとして立派なものですが、建築模型が作られるのには、しっかりとした理由があります。建築模型が求められる理由についてご紹介します。

建築模型が必要な理由とは?

建築模型が必要とされる理由はいくつかあります。まずはオブジェとしての利用です。例えば博物館にいくと景観の模型が飾られていて、地層や建物の状態がどうなっているのかを観察することができます。

また広い範囲にある建物群や地形、施設などを数平方メートルの範囲にぎゅっと凝縮して制作したオブジェをロビーに飾る会社もあります。またもっと身近な所では、趣味としてお城のオブジェなどを作る人もたくさんいます。

飾ることによって、絵や写真とは違う臨場感ある光景が楽しめるでしょう。

プレゼンや商談で使われる

飾って楽しんだり学習したりする建築模型とは別に、プレゼンや商談のために作られる建築模型もあります。例えば大規模な商業施設を作ったり住宅を建築する場合、建築図面を見せられても、図面に詳しくない人にはピンと来ないでしょう。

しかし建築模型を作って臨場感のある立体模型を見せることによって簡単にイメージが湧くようになります。どんな大きさか、どんな形かといったイメージがわくことで、プロジェクトの全体像が鮮明になります。

どれだけ詳細に作りこむかはプレゼンや商談の内容にもよりますが、視覚情報を立体的にすることで、プロジェクトを魅力あるものにしたり、説明を容易にすることが可能になります。

建築模型スキルは副業になる!

さて建築模型は実は建築のプロでなくても作成することができます。特別な素材を使ったものとなると難易度は上がるかもしれませんが、基本的な素材であるスチレンボードやスチレンペーパーを使ったものの場合、基本学習を済ませる事で気軽に制作可能です。

しかも単なる趣味のために作るのではなく、副業としてそのスキルを活かす事もできます。建築模型は仕上がりがきれいならば、1つあたり30,000円から60,000円の単価で受注することも可能です。

作った模型を自分で販売するという方法もあります。いずれにしても建築模型スキルを身につければ副業として良い収入源になるため、現在主婦の間でも注目されている分野となっています。

まとめ

建築模型はオブジェとして作られることもありますが、住宅やビルやさらに大きな範囲の建築プロジェクトを誰でも簡単に視認できるようにするためのツールでもあります。建築模型スキルは副業としても活かす事のできるもので、在宅ワークに興味がある人には注目の分野です。