建築模型を作るのにかかる時間

建築模型を作るのにかかる時間

建築模型は、作った事がない人から見るととても難しいそうに見えます。しかし初心者でもしっかり学習すればそれなりの質のものを作れるようになります。

しかし慣れるまでは多少時間はかかるでしょう。建築模型を作るのにかかるおおよその時間をお伝えします

建築模型を作るのにかかる時間

これまで色々とプラモデルやその他模型を作った事があると言う人と全くの素人では、所要時間は当然異なります。また求められる建築模型のサイズやディティール具合によっても差は出てくるでしょう。

建築模型を生業としているプロであっても数10分とかで組み立てるのは難しいです。やろうと思えばできても、当然仕上がりは雑な物になってしまうでしょう。数時間はかかります。ものによっては1日以上は余裕でかかってしまものもあります。

まだ慣れていない人であればその何倍もの時間がかかるでしょう。正確で美しい仕上がりを意識しながらスピーディーにこなすのは難しいです。しかし時間がかかるものであればあるほど、仕上がった時の達成感も大きくなります。

模型制作の収入はどれくらい?

ある程度長い時間がかかる事を考えると、その収入とのバランスも気になってくるところです。一つの目安ですが、模型制作の相場収入は、だいたい個人住宅であれば3万円から6万円くらい、ビルやマンションの建築模型であれば8万円から10万円というところです。

これだけ見るととても単価がよくかなりの収入にも見えますが、単価が良いものはそれだけ時間がかかるということを忘れてはなりません。また早く仕上げようとして雑な作業をすれば信頼を失ったり、収入をきちんと受け取れない可能性も出てくるので注意しましょう。

まずは知識やコツを講座で学ぶ

作業効率を良くするためには経験や知識が必要です。そのため、まずは基本知識をしっかり習得してコツも身につけ、あとは数をこなして経験値を高めていかないといけません。

建築模型を学ぶ講座としては、諒設計アーキテクトラーニングの「建築模型・住宅模型デザインコース」が便利です。

この講座は最短2カ月で建築模型のイロハをしっかり学べるようになっています。初心者にも対応してスタッフサポートもつくので、まずは公式サイトから情報を入手してみてください。

まとめ

建築模型は種類やサイズによって、所要時間の差が異なります。数時間で制作可能なプロもいれば、その倍以上の時間がかかってしまう人もいるでしょう。

いずれにしても経験を積んで少しずつ時間短縮できるようにしましょう。またスタートとしてまずは模型作りの基本をしっかり講座などで学ぶのが大切です。

建築模型・住宅模型デザインコース