建築模型技工士インストラクター資格

建築模型技工士インストラクター資格

建築模型の制作は在宅ワークで人気のある作業の一つです。

もともと手作業でいろいろ組みたてるのが好きな人にはオススメの技術ですが、建築模型の資格を取ることで、スキルやノウハウが向上します

実力が上がることで、建築模型の在宅ワークも可能となるでしょう

建築模型技工士インストラクターのススメ

建築模型の実力をつけて資格を取るなら、日本インストラクター協会主催の「建築模型技工士インストラクター」がオススメです。

この資格は様々な模型を実務において通用するレベルまで制作できる人に認定されるものです。例えばスタディー模型やプレゼンテーションのための模型、検討用の模型、説明のための模型、ディスプレイ模型などを十分に理解している事が証明されます

資格取得後は、様々な知識を利用して自宅やカルチャースクールで講師活動ができるようになります。また建築模型技術スキルを利用して在宅ワークの可能性を拡げられます

資格の概要

建築模型技工士インストラクター認定試験の受験資格は特にありません。そのため建築模型制作のデビューをしたい人なら誰でも参加のチャンスがあります。受験料は消費税込みで10,000円となります。受験の申し込みはインターネットから行えるため気軽に行えます。

また受験自体は在宅受験スタイルなので自宅で気軽に取り組めます。合格基準は70%以上の評価です。難易度から行くと十分に合格の可能性があると言えます。試験の日程は2カ月に1回の開催となります。

開催月は偶数の月で、試験結果は約1カ月後に発表となります。例えば4月の試験は4月20日~25日の間に開催されますが、合否通知は5月20日となります。

資格をスムーズに取りたいなら

本資格をスムーズに取得するには独学よりも通信講座の受講がオススメです。通信講座であれば時間があまりない人でも自宅でマイペースに学習が可能です。オススメの講座は諒設計アーキテクトラーニングの「建築模型・住宅模型デザインコース」です。

本講座は初心者でも受講可能なカリキュラムを組んでいて、建築模型の基本をプロの監修したテキストで学習できるようになっています。

まとめ

建築模型技工士インストラクター資格は、建築模型の実力を証明してくれる資格です。建築模型は建築物の構造図面を立体的におこしてイメージしやすくするのに不可欠ですが、建築模型を制作する在宅ワークも人気になっています。

この資格を取得して在宅ワークを有利に進めてみましょう。

建築模型技工士インストラクター資格