一戸建てをつくる時の豆知識

一戸建てをつくる時の豆知識

住宅にはいろいろな形のものがありますが、誰でも持ちたいと思うのはやはり一戸建て住宅です。集合住宅と違って専有できるため、快適さがあがります。

建築において一戸建て住宅を作る時にはどんなポイントを意識したらいいか、気になる点をピックアップします。

一戸建てをつくる時の豆知識1:注文住宅と建売住宅の違い

同じ一戸建てでも、注文住宅と呼ばれたり、建売住宅と呼ばれたり名称に違いがある場合があります。この違いについて正確に理解している人は意外と少ないかもしれません。

注文住宅というのは呼んでそのまま、建て主が設計を依頼して家の外観や間取りやインテリアなどをいろいろと注文できる住宅です。つまり設計への依頼の自由度が高いタイプの住宅です。マイホームを持つ場合、やはりある程度自分のこだわりを出したいところでしょう。

そのためじっくり検討を重ねながら作るとすれば、注文住宅がオススメです。ただしこだわり過ぎると予算の問題があるので注意です。建売住宅の場合は住宅と一緒に土地も購入する事になります。

つまりセット販売の住宅です。先に建物が出来上がっていてそれを買う事もできますし、計画前の購入も可能です。この場合間取りなどはすでに決まっているため、こだわりの自由度は低いです。

メリットとしてはすでに住宅が建設されている場合に、家の特徴を観察できるということです。また入居するタイミングが早いのも特徴です。

一戸建てをつくる時の豆知識2:一戸建ては窓を意識する

集合住宅の場合窓の数や位置は少し限られてきますが、一戸建て住宅で注文住宅なら窓の数や位置には多少自由度が出てきます。基本この場合窓の数は多くなります。窓は日の光がちゃんと入り込むための重要な要素です。

窓にはたくさんのパターンがあり、その枠組みにも種類があります。さらに組みこむガラスにも種類があります。それぞれの機能やメリット・デメリットについて全て把握するのは難しいですが、建築士と相談しながら窓の作り方についてしっかり相談すると、家の仕上がりはだいぶ変わってきます

窓は外と中とをなかばつないでいる部分のため、戸建住宅を作る場合は大事にしましょう

一戸建てをつくる時の豆知識:断熱を意識する

よく気温差が原因で心臓に負担がかかって死亡するというケースがあります。これが原因で死亡している人の数はなんと10,000人を優に超えます。

断熱機能がしっかりしていないと、冬場に暖かい部屋から風呂場に行って冷えてしまい、それが原因でショックが起きてしまうことがあります。同じ家の中と思うかもしれませんが、断熱や暖房の使用によって気温差は意外とはっきり生じます

そのため戸建住宅をつくる時は断熱もしっかり意識しましょう。

まとめ

一戸建てを作る時の豆知識を3つほど紹介しました。注文住宅と建売住宅の違いや、窓や断熱機能を重視する事など、知っておきたいポイントはたくさんあります。長い時間を過ごす空間ですから、戸建建築の際はしっかり思いに留めてください。