家の建築で気をつけることと空間の使い方

家の建築で気をつけることと空間の使い方

日本は国土が狭い上に、住宅地として使用できるスペースにも限りがあります

地域差や予算の問題もありますが、それほど大きな住宅を建てるのは容易ではありません

家の空間の使い方について、そして建築で気をつけるべき点について意識しておきたいポイントをまとめます。

家の建築で気をつけること1:どこに依頼をするか考える

家の建築を頼む時は工務店に相談したりハウスメーカーに依頼したりします。しかし工務店とハウスメーカーには多少の違いがあります。例えば一般的に工務店はその地域に密着したものが多いのに対し、ハウスメーカーは全国規模である事が少なくありません。

また工務店はクライアントのこだわりがある程度通りやすい、つまり自由度が高い家が作りやすいです。ハウスメーカーの場合は自由設計ができるタイプがあるものの、既存のパターンに変更を多少加える程度である場合が少なくありません

そのため工務店ほどの自由度はありません。さらに施工の仕上がりに関しては、腕の良い職人がやればもちろんいいですが、メーカーの工場における資材制作のように均一さが望みにくいのは確かです。このように工務店とハウスメーカーでは対応に違いがあるため、どこに頼むかはよく考えましょう。

家の建築で気をつけること2:周りの環境を考える

家の建築となると思いが向きやすいのはおそらく間取りでしょう。何部屋作るか、トイレやバスルームをどこにあるのが理想的か、キッチンをどうするか、ロフトや地下室を作るか、1階建てか2階建てかといったポイントです。

しかし、家を建築する場合はやはり周囲の環境も重視しないといけません。例えば日の入り方や風通しの良さ、外気温の影響といった点です。すでによく知っている土地柄ならまだしも、新しい土地に移り住むのであればあまり地域のことを知らないかもしれません。

そのため、風の具合や日の具合、周りのにおいなど色々な事を意識する必要があります。地域住民に話を聞いたり、地元の工務店に相談するなどして事情をよく把握するようにしましょう。

空間の使い方で意識する事

家の空間をどう使うかは重要なポイントです。例えば土地の価格が高い地域なら、縦に空間を延長するという需要が自然と多くなるでしょう。縦に空間を伸ばして住宅面積を拡げる事が可能です。

縦への空間活用としてはスキップフロアが有名です。スキップフロアは例えば1階と2階の間に中2階と呼べるような空間を作る事です。これによってグラデーション的な縦空間のつながりが生まれて広がり感が出たり、天井の狭い収納スペースが生まれて税金対策になったりします。

メリット・デメリット両方がありますが、こうした空間使用方法があれば、限られたスペースの有効利用につながります

まとめ

家の建築に置いては、依頼先の選定や環境調査など気をつけるべきポイントがいくつかあります。また建築時に空間をどう演出するかも快適性や機能性に大きく影響します。一例としてスキップフロアについて簡単に触れましたが、施工業者との良い相談のもとに決定してください。