資格の勉強におすすめの学習方法と工夫

資格の勉強におすすめの学習方法と工夫

建築模型の資格を取るにはそれ相応の学習が必要です。

プラモデルを作ってきたという人や他の模型を組み立てた事があるという人は、建築模型も簡単に作れると思うかもしれませんが、実際には簡単ではありません。

資格を取るのに役立つ勉強方法をご紹介します。

資格の勉強にオススメの学習方法

資格を取るのに良い方法は独学ではありません。資格に対応する講座を受講するのが一番です。例えば諒設計アーキテクトラーニングの「建築模型・住宅模型デザインコース」という講座がありますが、こちらを受講すると資格取得までがスムーズです。

この講座、その道のプロが監修したテキストを使うので、自分でいい加減に勉強するよりも体系的な学習になります。そのため順調に行くと最短2カ月という早さで資格取得を達成できます。

学習の工夫

建築模型を作るには図面を使うのが一般的です。図面はCADなどで描画されて、それをもとに組み立てを行う場合があります。そのためCADの知識を学習して自分でも線を描けるようになると、より図形のイメージが洗練されると言えます

資格取得後はそれを活かして模型制作を受注したり、自分のオリジナルの模型を販売するという目標を持てますが、オリジナリティを持たせるには設計図そのものを描けるスキルがあるとさらに役立つはずです。

諒設計の講座の中にはCAD資格を取得できるものも用意されています。そのため、同時並行でCADについても学ぶという工夫ができます。時間が許すなら、そちらの学習も考えてみてください。

2級講座と1・2級講座のどっちがいい?

諒設計の講座には2つの種類の講座があります。実践建築模型2級講座と実践建築模型1・2級講座の2つです。2級講座は受講料が58,000円で卒業後に試験を受けて資格取得となるコースです。1,2級取得講座は受講料が本来174,000円ですが、現在特別価格で120,000円になります。

またこのコースの場合は実践建築模型1級と2級の資格に加え、建築模型技工士インストラクターという資格も100%取得可能です。本来試験がありますが、このコースは特別なため試験免除で取得達成できます

まとめ

諒設計アーキテクトラーニングの「建築模型・住宅模型デザインコース」を紹介しましたが、この講座を使って建築模型関連の資格勉強をするなら、できればCAD資格の講座も一緒に受講するとさらに面白くなります

いずれ資格を活かして模型の販売を目標にする場合は、こうした工夫も加えてみてください。