建築模型で家の間取りや職場の間取りを決められる

建築模型で家の間取りや職場の間取りを決められる

注文住宅を作る時に頭を悩ませるのが間取りです。また新しい職場の事務所を作る時などにも間取りは考えものです。

間取りは機能性とも大きく影響するので、少しでも賢く設計する必要がありますが、建築模型はそういった場面で役立つツールになります。

建築模型の意義

建築模型を誰でも一度はどこかで目にしたことがあると思います。建築模型にはプレゼンテーションタイプのものやスタディタイプのものがあります。プレゼンタイプのものは、設計者が住宅のクライアントなどに説明用に見せるためのものです。

スタディタイプは設計者自信が試行錯誤の過程で使う模型となります。立体的に作成された模型は見る人に構造物の大まかな特徴やフォルムを容易に把握させます。模型があることで、建築や設計にあまり造詣がない人にも感覚をつかませられるようになります

家の間取りや職場の間取りを考えるのに役立つ

人間の視覚や感覚は時々あまりあてにならないことがあります。何も建てられていない土台だけの住宅を見た事がある人なら分かると思いますが、壁のある空間にいる場合と、土台だけの空間にいる場合とでは間取りの大きさが感覚的にずれることがあります。

同じ事は職場の間取りの大きさにも言えるでしょう。他のスペースとの兼ね合いに関しても、イメージしたものと実際とが違うということは十分ありえる話です。

そのため事前に建築模型を作って全体の中で特定のスペースの間取りを見ることで、修正したい箇所を見つけられるようになります。もう少し大きくした方が良いとか、別のフォルムの方が使い勝手が良いといった点が発見しやすくなります

住宅や事務所の建築を考えているなら建築模型を作ってもらおう

建築事務所や設計事務所に家や事務所の建築案を作ってもらっているなら、建築模型を作ってもらうように頼むと良いです。自分のイメージを伝えて実際に図面にして見せてもらっても、平面図だけでは伝わりきらない事があります。

後で後悔しないためにも、建築模型で実際に完成立体モデルをおこしてもらうことで、よりスムーズでミスのない建築が達成されます

まとめ

建築模型は住宅や会社の事務所の間取りを把握するのに役立つツールです。これから建築をしてもらう際に、自分のイメージを具現化して少しでも理想の間取りにするためにも、現時点での設計図面を縮小した建築模型を用意してもらいましょう

立体的に観察できる建築模型は、間取りの大きさやフォルムを見直すのに便利です。