実践建築模型認定試験資格

実践建築模型認定試験資格

時々メディアで在宅ワークのテーマが取り上げられる事があります。在宅ワークの中で人気が高いものの一つが建築模型の設計です。

建築模型は手先が器用な人には特に向いていますが、初心者でも挑戦可能な分野です。建築模型のスキルを高めるのに役立つ資格をご紹介します。

実践建築模型認定試験資格のススメ

オススメしたいのは日本デザインプランナー協会主催の「実践建築模型認定試験」です。

この資格は第三者に対して、建築模型を使ったプレゼンテーションをする際に必要な知識や制作技術、技能を証明するものです。建築模型は設計者の意図をわかりやすく伝達するのに使われるツールですが、有資格者は模型制作のエキスパートとして認められることになります。

建築模型士になるのに特定の資格は必要ありません。しかし資格を有していればノウハウとスキルを認定されるので有利になります。

実践建築模型認定試験の概要

本資格には1級と2級とがあります。2級は建築模型の制作スキルや技能を有している人に、1級は模型の製作技術、技能に加えて模型制作者としてのスキル、実践の場で通用する技術を有している事を認定するものです。

この資格は誰でも簡単にチャレンジできる体制が整っています。受験資格は特にないため、不特定多数の人が参加可能ですし、受験料も税込10,000円とリーズナブルな費用になっています。

受験を申し込む場合はインターネットからの申し込みとなります。在宅受験スタイルで試験に臨めるため、緊張せずに済むでしょう。試験日程は公式サイトの試験カレンダーを見ると予定が組まれているのでチェックしてみてください。

対応資格講座

実践建築模型認定試験は、事前に体系的な学習をすることで合格率を高める事ができます。そこで使いたいのがSARAスクールジャパンの「建築模型基本コース/プラチナコース」です。

この通信講座は、完全初心者でも建築模型の仕事で十分通用するレベルになるためのカリキュラムが組まれています。模型の作り方を学べるのはもちろんのこと、コースによっては実践建築模型認定試験の資格が1・2級とも確実に取得できるようになっています。

基本コースの場合は学習や添削を経てから試験を受けて合格すれば取得です。またプラチナコースの方は試験免除で取得可能なため、試験嫌いでも、問題なく建築模型エキスパートとしてデビューすることを目標にすることも可能です。受講料などは公式サイトで全てチェック可能です。

まとめ

建築模型のスキルがあると在宅で模型の仕事を楽しむ可能性が拡がります。実践建築模型認定試験に合格すれば模型の実力が証明されます。紹介した講座を活用しながら取得に弾みをつけてみてください。

実践建築模型認定試験資格